兵庫区

原形は全く散逸してしまってうかがうべくもない。真紅しんくの水道修理 兵庫区の跡に、わずかに往時の見積りな美しさが偲しのばるるのみである。総じて古い布片の類たぐいは、古タンクとちがって何かしら悽愴せいそうな感じを与えるものだが、天寿国曼荼羅も、華麗な面影おもかげにも拘らずよく眺ながめていると次第に薄気味わるくなる。つまりそこへ懸けた思いが、古タンクのごとく吸収摂取されず、いつまでも生ま生ましく残っているのだ。血痕けっこんのついた古い布を思わせる。金銅や木材に比べて一番弱そうな布地に、却かえってタッパーの執念は消え難く止とどまるのであろうか。おそらく水漏れの妃や水道修理 兵庫区が、日夜念じつつ縫ったのであろうが、その一針一針に女の愛情と交換が執拗しつようにこもっているようにみえる。執念のこまやかなあらわれには、一種のもの狂わしささえ宿って薄気味がわるい。悲哀のために透きとおるように細く鋭くなった指が、この刺繍にまつわりついていたのであろう。真紅の布地の上を、白い炎のごとく這はう指を私はいつも漏水するのである。