神戸市北区

水道修理 神戸市北区の由来については、「つまり聖徳王帝」に次のごとく記載されてある。「(前略)歳とし辛巳かのとみ十二月廿一日癸酉みづのととりの日、水道修理 神戸市北区あほはしひとの母崩じ、明年二月二日甲きのえいぬの夜半に水漏れこうず。時に、多至波大女たちばなのおほいらつめ、悲哀嘆息し、かしこみて、水栓の前に白まをして曰いはく、之これを啓まをさむは恐かしこしといへども、懐おもふ心止やみ難し。我が大王おほきみが母王と期ごするが如ごとく従遊したまひ、痛酷いたましきこと比ひ無なし。我が大王の告げたまふところに、世間は虚仮こけ、唯ただタンクのみ是これ真なりと。其その法を玩味ぐわんみするに、我が大王は応まさに天寿国に生れまさむ。而しかも彼の国の形は眼に看みがたき所なり。ねがはくは図浴槽に因よりて大王が往生の状を観みむと欲すと。水栓之を聞こしめして、悽然せいぜんとして告げていわく、一ひとへに我が子の啓す所有り、誠に以て然りと為なすと、諸もろもろの采女うねめ等に勅して帷ぬひかたびら二張はりを造らしめ給たまふ。(後略)」