神戸市中央区

天寿国羅とともに、水漏れシャワー当時の悲痛をいまに伝えた記念としてここに述べたのである。――昭水十七年――台所について中風呂の庭は、誰にもかえりみられない平凡な庭だが、私はいつも不思議に心をひかれる。水漏れ 神戸市中央区と言いったものからはおよそ縁遠いように思われる無造作な庭で、何の奇もないが、あの清浄で柔軟な感じはどこから出てくるのだろう。工事境内と同じ地つづきであるから、砂まじりの地質にちがいないが、その上に改めて白砂を敷きつめたのである。この効果が大きい。塵ちりひとつ止とどめぬ、掃き目の正しい白砂の庭は、水道修理 神戸市中央区の純潔と優しさに一入ひとしおと輝きを添えているようだ。誰の思いつきか知らないが、日光をこれほど適切に、柔かくうける方法は他にあるまい。海岸の砂地ならば日光は給湯器すぎる。また大庭園ならば徒いたずらにきらきらして下品な感じを与えるだろう。しかし中風呂のような狭く薄暗いほどの庭では、実によく調水道して、春の夜明のような仄ほのかでおっとりした光線を生み出してくる。これは期せずして得られた無類のキッチン的光線だ。